Robert Traill Rose
(1863-1942)
Robert T. Rose, or R.T. Rose.

エジンバラ出身のイラストレーター、リトグラファー、ブックデザイナー。

 1863年、ニューカッスル・アポン・タインにて出生。祖父はエジンバラ地質学会創立者アレクサンダー・ローズ。父はエジンバラの大手書籍文房具販売業者。
 幼少時に聴力を失う。長じてエジンバラ美術学校に学び、商業美術方面に進出。ケルト風のレタリングや組紐デザインを皮切りに、徐々に挿絵も手がけるようになる。
 1925年頃より視力が悪化しはじめ、1933年に失明。
 1942年死去。

 ロバート・トレイル・ローズのイラストはウィリアム・ブレイクの強い影響下にあり、題材も神秘性を伴うものが多い。

 











The Book of Job
(The Abbey Press, Edinburgh, 1902).
220mmx180mm 102pp. Limited edition of 750

R.T.ローズの代表作。中世風のなめし皮装丁に天金、手漉き紙のアンカット製本という造作。750冊限定出版で、当博物館所蔵の一冊は81番。全頁にカットやイラストが挿入されている。

欽定訳のヨブ記に良質の白黒イラストをちりばめた意欲作。ブレイク、ビアズリー、ウィリアム・ニコルソン等の影響が顕著に見てとれる。
click for larger view











from Stories from Old Testament by Edwin Chisholm (E.P. Dutton, New York, 1905). 120x150mm, 117pp.

20世紀初頭にダットン社から出ていた「子供に読み聞かせ」シリーズの一冊。太めの線描に鮮やかな色を配するニコルソン風のイラスト。天使の描写に見るべきところが多い。



click for larger view











The Hymn of Nativity by John Milton (T.C. and E.C. Jack, London and Edinburg, no date [c1908]).
155mmx120mm, 24pp. soft cover.

ミルトンの「聖誕賛美」にR.T.ローズが挿絵をつけた小冊子。表紙はカラーイラスト部分がふくらんでいる。カラー挿絵はグロス紙に印刷して綴じこんだもの。正式のタイトルは「キリスト生誕の朝によせて」。

『聖誕賛美』はミルトンの最初期の作品であり、後の『失楽園』等に通ずる壮大華麗なヴィジョンを有している。

click for larger view









Stories from Dante told to the Children by Mary MacGregor, with pictures by R.T. Rose (T.C. and E.C. Jack, London and E.P. Dutton & Co. New York, no date [c1908]).
150mmx120mm, 116pp. .

ダンテの生涯と『神曲』を子供向けの物語に直した小品。少年ダンテとベアトリーチェの出会いと死別、さらに長じての人生と夢の旅としての『神曲』を描いている。著者メアリー・マグレガーは児童向けの語り直しを得意としており、TC&ECジャック社から複数の著書を出しているが、詳細は不明。同名のカナダ人女性作家とは別人の模様。
click for larger view









RUBAIYAT OF OMAR KHAYYAM (T.C. and E.C. Jack, London and Edinburgh, no date [c1908]).
155mmx120mm, 30pp. soft cover.

 ご存知ウマル・ハイヤームの英訳『ルバイヤート』にRTRが挿絵をつけたもの。訳文はエドワード・フィッツジェラルドの初版を用いているが、それに対するクレジットはない。ここに紹介するエディションは挿絵入り表紙の軽装丁版だが、同じ出版社からハードカバー版と鞣革版が出ているので注意を要する。
click for larger view









from The Dream of Gerontius by Cardinal Newman. (The Foulis Books : London & Edinburgh, no date. [c1910]).

ニューマン枢機卿の詩『ゲロンティウスの夢』にトレイル・ローズが絵をつけたもの。60mmx53mmという小さな別刷り多色イラストを台紙に貼って挿入するという凝った作りとなっている。詩の内容は、信仰の人ゲロンティウスが死に瀕して懊悩し、死後は天使に導かれて天界をめぐるというもの。エルガー作曲のオラトリオとしても著名な作品である。
click for larger view









from The Book of Love
Essays, Poems, maxims & Prose Passages. arranged by Arthur Ransome. T.C. and E.C. Jack, Loncon and Edinburgh, no date [c1910]). 227mmx177mm 458頁。

アーサー・ランサムの編纂による古今東西の恋愛詩、格言、エッセイ等を網羅した大冊。装丁、扉絵、巻頭カット等をR.T.ローズが担当している。

click for larger view








from Modern Book Illustrators and their work The Studio Special Autumn Number
The Studio, London, 1914.

ステュディオ誌の編纂になる現代挿絵画家作品集に収録されたローズのイラスト3点。解説にいわく「R.T.ローズ氏は独自の作風といえる。ここに収録した3点は氏の強烈な個性を示しているが、本誌としてはヨブ記の美しいデザインに見られた高水準を披露したかったというのが本音である」(12頁)。3点の出典は不明。プレスター・ジョン伝説の絵と思われる。

click for larger view








Front Piece etc.


click for larger view
20世紀初頭、T.C. & E.C. Jack が刊行していた Masterpieces in Colour series 共通の扉絵。ヨブと砂時計、枝を張る樹が歴史と時間の経過を象徴する
同じくT.C & E.C. Jack が刊行した小型詩集シリーズの扉。上にあるミルトンも同じ意匠の扉を採用している。






Book Design by R.T. Rose

From the Hills of Dream and The Sin-Eaters and other Tales by Fiona Macleod, Frederick Geddes & Colleagues, Edinburgh, 1895, 1897.

1895年、フレデリック・ゲデスのためにローズがデザインしたケルト組紐模様。他にもローズによる装丁があるかもしれないが、裏がとれるのはこの二冊くらいである。
click for larger view








bibliography


books with illustrations by Robert Traill Rose

The Book of Job (The Abbey Press, Edinburgh, 1902).
Rubaiyat of Omar Khayyam by Omar Khyayam (T.C. and E.C. Jack, London, no date).
Old Testament Stories by Edward Chisholm (E.P. Dutton, New York, 1905).
The Dream of Gerontius by Cardinal Newman (Foulis, London and Edinburgh, no date).
The Book of Love, arranged by Arthur Ransome (T.C. and E.C. Jack, London, nodate)
On the Morning of Christ's Nativitiy by John Milton (T.C. and E.C. Jack, London, 1908).
Stories from Dante by Mary MacGregor (T.C. and E.C. Jack, London, no date).


biographical study

Alexander Rose, Geologist, and his Grandson, Robert Traill Rose. by Mary Tweedie Stoddart Rose (C.J. Cousland & Sons, Edinburgh, 1956).






BACK